なぜ、肌に優しいの?

値段が高い美容液は、肌が綺麗になるのにやはり一番いいと昔は思っていました。モデルさんや女優さんは値段が高いものを使って肌をキープしているんだと思って、私には年齢に従っていくしかないなとあきらめていたこともあります。でも、肌が綺麗に見える=肌に優しいわけではないのです。乳液や美容液などに含まれている界面活性剤や乳化剤は、皮膚の浸透性が強いので、肌にすーとなじむ感じがあり、使用した感が感じられていい化粧品のように感じることができますが、実は皮膚への浸透性が強いということは、皮膚膜を取り除き、角質層に付着して角質細胞を溶かしたりして、シミやそばかす、しわの原因になってしまうのです。肌に負担をかけながら、肌を綺麗に見せているだけなのです。
「メディプラスゲル」は、界面活性剤を使用しないで保湿を保てる方法が考えられた結果、通常では混ざることができない水と保湿成分を界面活性剤なしに混ぜるためにゲル状になっているのです。そのことで保湿力も成分もそのままになっていて肌に負担をかけることがなく、肌が綺麗になるだけでなく、肌自体がに生まれ変われることができるのです。余分な成分を使っていないからこそ、肌に優しい商品なのです。

注目記事

banner
なぜ、肌に優しいの?

記事を見る

banner
メディプラスゲルのこだわり

記事を見る

banner
メディプラスゲルは安心なもの。

記事を見る

Copyright(c) たった一本!!メディプラスゲルのヒミツ. All Rights Reserved.